BLOG
ブログ

UTA-KATA Vol.1再演アーカイブ

投稿者:斎藤滋
投稿日時:2020年10月29日

みなさん、こんにちは。斎藤です。

10月25日に「石川由依 UTA-KATA Vol.1〜夜明けの吟遊詩人〜」の再演が行われました。

無観客&有料配信で実施した公演。

ガルバホールという360度美術館のような会場を最大限活用した360度移動しながら演じて歌うエンターテインメントにしてみました。

 

観ていただいた方から感想をたくさんもらいました。

ありがとうございます。

 

石川由依さんのパフォーマーとしての能力の高さ。2時間弱の間、一人だけで演技し続け、歌い続ける。そしてその演技も歌も集中力の途切れを感じさせない。高いクオリティのままゴールする。表現者としての素晴らしさに舌を巻きます。表情、動き。石川由依さんは顔、体全部を使ってお芝居を表現します。おそらく一般的な「朗読劇」のイメージとはかなり違うと思います。とても「豊か」なのです。落語の表現と似ているかもしれません。落語家は色々な動き、表情でお客様に伝えます。その表現技法と相通ずるものがあるように思います。

 

伊藤真澄さんの音楽家としての素晴らしさ。作り出すメロディ。編曲能力。そしてピアノ演奏の対応力。こちらも同様に2時間弱の間、ひたすら演奏し続けます。芝居のテンポ、空気に合わせて演奏スピード、強さ弱さを臨機応変に変化させていきます。クリックや指揮者に合わせて演奏するのではなくて、石川由依さんの呼吸に合わせて演奏するのです。このリアルタイム対応の醍醐味。

 

暁佳奈さんの脚本。一人芝居で歌もたくさん歌うということを最大限活かした脚本。そして一人芝居であることをしっかり踏まえた構成。単に台詞を並べるだけではない。ナレーション、モノローグをしっかり活用して観客に情景や状況を伝える。そしてラストに「ハッとする」場面を持ってくる。吟遊詩人の世界や風景がまるで見えるような脚本です。

 

ガルバホールの素晴らしさ。美術館としても成立するような会場です。壁、地面、天上、ドア、窓、置物、椅子、カーテン、照明、、360度本当にどこにも「隙」がありません。今回は幕ごとに石川さんが移動してお芝居をします。ガルバホールを最大限活用した初の事例です。(オーナーさんがそう言っていました。)

 

ガルバホールのオーナーさんもとても喜んでくれていました。ガルバホールをこんな風に活用してくれて嬉しいと。ガルバホールの格が上がった!と評価してくださいました。UTA-KATAのようなことはやろうと思っても出来ない。このチームは凄い。と褒めてくださってとても嬉しかったです。

 

石川由依さんの一人芝居と歌というベースがしっかり有るからこそ出来るエンターテインメントです。有観客でやれるようになったとき、また新しい演出で臨みたいと思います。今後続けていくにあたり、今回のVol.1再演は僕らにとってとても良い経験になりました。何をすれば良くなるのか。石川由依さんのお芝居と歌を、どうお客様に見せるか。1つ1つ経験値を積み重ねて、良くしていきます。

 

再演のアーカイブ視聴期間は、10月31日(土)いっぱいまで。

ぜひご覧いただけたらと思います。

 
 

■アーカイブ配信:10月31日(金)23:59まで

■価格:5,000円(税抜)

■販売期間:10月31日22:00まで

■アーカイブ配信:10月31日(土)23:59まで

■チケット販売ページ:https://eplus.jp/sf/detail/3324020001-P0030001

■視聴サイト:Streaming+ 視聴方法はこち

 
 

UTA-KATA Vol.1で歌われた楽曲、音楽を収録したアルバムが2021年1月13日に発売となります。

 

初回限定盤は石川由依のロングインタビュー、プロデューサー、各音楽クリエイターのインタビューで構成された読み応え抜群のブックレットが付属します。特製BOXに入っています。

 

石川由依さんのインタビューは、劇団に入るきっかけから語られています。今まで石川さんのこういう「生い立ち」が語られた場というのはほとんど無かったと思います。貴重なインタビューとなりました。

 
 

【CD情報】

■アーティスト名:石川由依

■商品名:UTA-KATA旋律集Vol.1~夜明けの吟遊詩人~

■発売日:2021年1月13日(水)

■予約開始日:2020年9月29日

■価格:通常盤  4,500円(税抜)

    初回限定盤5,500円(税抜)

■品番:通常盤 HTCP-00001

    初回限定盤 HTCP-00002

■レーベル:Harmonic Force

■取扱店舗:全国アニメイト・アニメイト通販

ご予約はこちらから

« »