伊藤真澄Project

■Music & Movie

「かえりみち」
オリジナル:小林さんちのメイドラゴン 劇伴より
2021年10月1日公開

 
次曲以降、月1回ペースで公開予定。

 
 
 
 

■伊藤真澄とは

歌、劇伴(BGM)を手がけるシンガーソングライター。
過去手がけたアニメーション劇伴は、3,000曲以上。提供及び自身のアーティストとしての歌モノ楽曲は無数。

 

本プロジェクトは、伊藤真澄の「ピアノ演奏」に焦点を絞った企画です。

 

伊藤真澄の本質はピアノの演奏にあります。
「ピアノはオーケストラ楽団にも匹敵する表現力を持った楽器である。」
その考えのもと、伊藤真澄がピアノのみで音楽を表現する。

 

オリジナル曲、セルフカバー、他者カバーによって構成。
音源化プロジェクトであり、実演プロジェクトでもあります。

 

ピアノ1つで伊藤真澄は音楽をどう表現するのか。挑戦でもあり娯楽でもあります。

 
ぜひ楽しんでいただけたら幸いです。


 

■プロジェクトテーマ

光の旋律が、魂の安息地へと導く

作:伊藤真澄

 
 

■音楽についての覚書

伊藤真澄さんのピアノ演奏を残しておきたい。

 

その気持ちから本企画はスタートしました。

 

劇伴、歌モノなど数多くの楽曲を生み出してきた伊藤真澄さん。側でその活動を見てきていて、創作能力の高さは理解していました。

 

ピアノ演奏の素晴らしさに気が付いたのは、石川由依さんの「UTA-KATA」プロジェクトに参加していただいた時です。「UTA-KATA」における音楽は伊藤真澄さんのピアノ演奏のみ。素晴らしい演奏でした。

 

その体験から、このピアノ演奏を世に残しておくべきだと強く思うようになりました。

 

本プロジェクトのために新しく創作いただく新曲。多いに期待しています。

 

そしてセルフカバーや他者様のカバー演奏も、本プロジェクトの醍醐味です。伊藤真澄さんという奏者、及び類い希なる音楽クリエイターを介することで、どういう音楽に生まれ変わるのか。

 

本プロジェクトをスタートさせるにあたり、伊藤真澄さんから

「人々の魂に響く旋律を奏でられたらと思います」という意気込みをいただきました。

 

企画立案者としても多いに楽しみながら、伊藤真澄さんの演奏を世に残していきます。

 

音楽の美術館を創るような気持ちです。

株式会社ハートカンパニー 斎藤 滋

 
 

■企画内容

■演奏構成:オリジナル3〜4割、セルフカバー3割、他者カバー3割で構成。

■曲数:1シーズン 10曲前後

■スケジュール予定:1年かけて1シーズン分の楽曲を録音していく。

■リスニング環境:

 →YouTube動画アップロード(随時)

 →各サブスプリクション(時期未定)

■CD発売:全曲完成後、状況に鑑みて発売を検討する。

■演奏会:全曲完成後、状況に鑑みて検討する。

 
 

 

■スケジュール

2021年10月から約月1曲ペースでYouTube上に動画として公開。

 
 

■スタッフ

【音楽制作】
演奏/編曲/Mix:伊藤真澄
 
【動画制作】
監督:藤田宏治
造形作家:すぎはらけいたろう 
撮影:関森 崇
照明 :齋藤 卓
美術助手:ナタリア コムレヴァ

 


 

プロデューサー:斎藤 滋

 
プロダクションコーディネート:布川淳子
プロデュース:ハートカンパニー

 
 

■伊藤真澄プロフィール

作編曲家、シンガー。これまでにたくさんのCMソング、アニメの主題歌をリリース。
また、沢山のアーティストに曲を提供。

 
代表作:
・アニメ「あずまんが大王」オープニング主題歌:「空耳ケーキ」作曲/編曲/歌唱
・アニメ「灰羽連盟」エンディング主題歌:「Blue flow」作曲/編曲/歌唱
・アニメ「人類は衰退しました」エンディング主題歌:「ユメのなかノわたしのユメ」作曲/編曲/歌唱
・映画「涼宮ハルヒの消失」エンディング主題歌:「優しい忘却」作曲
・アニメ「境界の彼方」、「境界の彼方 -I’LL BE HERE-」:劇伴
・アニメ「小林さんちのメイドラゴン」、「小林さんちのメイドラゴンS」:劇伴(共同制作:近藤研二、コトリンゴ、ミト、川本新)

 

又、七瀬光名義では、TVアニメや映画のサウンドトラックを多数手がけ曲数は延べ2000曲を超えた。
その他「クラムボン」ミトと「テクノボーイズ」の松井洋平と共に音楽制作ユニット、「TO-MAS SOUND SIGHT FLOURECENT FOREST」や、コトリンゴらとのユニット、「toy toi toy」では、トイピアノを中心としたトイ楽器を駆使したユニットなど、活動は多岐に渡る。