×

HEART COMPANY公式ショップ
絶賛発売中

BLOG
ブログ

音楽熱想フェスが近づいている

投稿者:斎藤滋
投稿日時:2022年7月7日

5分ブログです。

 

音楽熱想フェスが近づいてます。

7月16日(土)、17日(日)。ここから始まる音楽熱想フェス。ずいぶん先の話だと思っていたら、もう来週。

 

本番が近づいてくると色々な準備も加速していきます。本番近くなってきて初めて分かることもたくさんあります。色々予想をして心構えをしておくのですが、それでも予想してなかったことも色々出てくるものです。予想してなかったことも色々出てくるだろうなぁという予想はしているので、やっぱり予想はしていたとも言えるのかもしれない。

 
 

なんでもそうだと思うのですが、日が近づいてくると解像度が上がるんだと思います。やることが具体化してくるわけです。余裕を持って取り組めることもあれば、そうじゃないこともいろいろ。予想外のことであればあるほど、なるべく早く把握した方が良いわけです。

 

イレギュラーなことはドキっとしますし、焦ってしまう。焦ると精度が下がったり判断力が鈍ったりする。だから早く分かるにこしたことは無いんですが、例えば1年前に予想し尽くせるかというと、全くもってそれは難しい。それが判明した時が最良のタイミングなのだろうと思って対応するのが良かろうと思います。このタイミングで判明して良かった!と思った方が前向で良い感じ。

 
 

未来予想は出来ないけど、対応力を上げる努力や訓練はできそうだ。まぁ一番の対応力は経験値だったりするもんです。一度経験しておくと対処方法が分かる。

 

音楽熱想フェス初日まであと一週間ちょっと。そんなことを考える時期になりました。

 

 

(追伸)

そういえば今日は七夕だ。笹の葉ラプソディ。

 

 


 

■コメントは承認制となっています。
■業務のお問い合わせ等々にはお答えできません。(各案件の窓口にお問い合わせください。)

 

“音楽熱想フェスが近づいている” への1件のコメント

  1. お山の小人 より:

    斎藤さん、おはようございます。
    いよいよ近づいてきたんですね!
    セミも鳴き始めて夏も始まりました。
    計画については、僕は大枠を仮決定して、徐々に準備もしながら、結局は近づいていよいよそれに関して優先順位が上がってきた段階で内容を詰めていくようにします。
    準備段階では、予想は想定にしかなりません。
    具体化してきた時に浮上する、あれはどうしよう、この場合はどうする?に関しては仰る通りなるべく早く把握した方が良いですが、それぞれにタイミングがあると思います。
    重要なのは、決断すべき人がしっかり対応できる余裕を持っていることだと思います。
    みんながバタバタしてしまってはカオスですし、司令塔がいて、各部門にリーダーを任せ、みんなで作り上げていくことで枝葉が別れ、たくさんの意見が司令塔に吸い上がってきて、各所の対応ができるのが理想かなと私見では思います。規模感にもよりますけどね…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


 

 


 

音楽熱想フェス、ぜひご来場ください。

 

斎藤 滋 プロフィール
Twitter
Instagram
note
ハートカンパニー 
音楽熱想

« »